ヘルぺス退治はバルトレックスの画像 バルトレックスでヘルペスや帯状疱疹、水疱瘡を治すの画像

ヘルペスのようなウイルスによる感染症に強い効果があるのがバルトレックスというお薬です。バルトレックスはヘルペスだけに特化したお薬ではなく、帯状疱疹や幼児に多いとされる水ぼうそうの症状も抑制・軽減する万能なウイルスの増加を防ぐ治療薬です。

2016年09月の記事一覧

垂直感染のヘルペスにバルトレックスは即日効果あり

日本は、世界第3位の経済力を誇る先進国ですが、先進国の中ではヘルペスやクラミジアなどの性行為感染症の感染者数が非常に多い国とされ、国連の報告者や重要な国際会議でも女子学生の援助交際問題が糾弾されています。特に性器ヘルペスは、性行為感染症に対する知識や認識が不足している10代後半から20代の若い女性の間での増加傾向が顕著であり、一般的に初感染時には発熱や掻痒感などの自覚症状が発症するが、初感染者の中には無症候性感染の感染者がいる為に、感染に気付かない感染者が複数の相手と性行為を重ね水平感染が拡大しています。又、20代の女性の中には、無症候性感染者の既婚者もいる為に垂直感染を引き起こし、単純ヘルペスウイルスに感染した胎児は肝脾腫や肺炎、髄膜脳炎、小頭症、脈絡網膜炎、網膜症などの症状を発症します。その為、大人の責任として自覚症状が無くても定期的な検査を受けて、感染が確認された速やかに治療すべきです。
国内の医療機関では、第2世代の抗ウイルス剤バルトレックスと第1世代の抗ウイルスが処方されており、5日間〜10日間程度の継続服用で治癒しますが、1度感染すると体内にヘルペスウイルスを生涯保菌するので、非常に再発率が高くなっています。その為、再発抑制治療としてバルトレックスを1年間継続服用する方や自覚症状を感じた即日に服用出来る様に手元に常備している方もいます。又、ヘルペスの潜伏期間は、2日間〜12日間とされていますが、性行為のあった即日や発症前に服用する事でウイルスの増殖を阻害出来、重症化や自覚症状を感じる事無く治療する事が出来ます。バルトレックスは、2013年に特許期限を迎え多くの製薬メーカーからジェネリック医薬品として安価で製造販売されているので、長期にわたる継続服用や常備薬としての備蓄の負担も軽くなっています。

続きを読む