ヘルぺス退治はバルトレックスの画像 バルトレックスでヘルペスや帯状疱疹、水疱瘡を治すの画像

ヘルペスのようなウイルスによる感染症に強い効果があるのがバルトレックスというお薬です。バルトレックスはヘルペスだけに特化したお薬ではなく、帯状疱疹や幼児に多いとされる水ぼうそうの症状も抑制・軽減する万能なウイルスの増加を防ぐ治療薬です。

鼻水の飛沫で感染のヘルペスでバルトレックスの回数

単純ヘルペスは誰でも感染する可能性のある病気で、口唇や性器などが代表的な感染場所となります。ヘルペスウイルスは感染力が強いために、一度感染すると症状が収まったときであっても体内の神経節に潜伏して棲みつくために再発を繰り返すことが考えられます。口唇ヘルペスは唇や口の周辺の皮膚に、ぴりぴりとした痛みや不快感を感じます。接触することや咳やくしゃみ、唾液、鼻水などが飛び散ることで感染します。
性器ヘルペスの場合には、性行為による感染が多く、2~12日間の潜伏期間を経過してから発症して、性器やお尻周辺の皮膚に赤い発疹や水ぶくれができます。現在の医学では体内に潜伏したヘルペスウイルスを完全に排除することはできませんが、医薬品を用いることによってウイルスの増殖を抑制する治療を行うことが一般的です。
ヘルペス治療に用いられる医薬品としては、バルトレックスが代表的なものとなっており、成分としては塩酸バラシクロビルが配合されています。口唇ヘルペスに感染したときの治療では、バルトレックスを1日2回の回数の服用を行います。朝食後と夕食後の2回にわたって、1錠ずつ服用します。性器ヘルペスの場合にも同様に、1日の服用回数は2回で、1回あたり1錠の服用を行います。口唇や性器、肛門周辺にヘルペスの初期症状であるヒリヒリ感や吹き出物、痒みなどが出てきたときには早めに服用することが理想的です。5日以内にバルトレックスを服用することで、ウイルスの増殖を防ぐことに繋がります。性器ヘルペスに感染しているときに、再発を抑制するためには1日1錠の服用を8週間~1年間継続的に行うことになります。ウイルスを無くすことはできませんが、活動を防御することで再発の回数を減らすためには有効な方法となります。